大規模修繕工事のことなら東京都葛飾区のヒワサ工業におまかせください。

お問い合わせ

専門工事

防水工事

建物は常に雨や風にさらされています。建物劣化の原因は様々ですが、大きな原因のひとつとして建物内への水分の浸入があります。鉄筋コンクリート造の建物は、建物内に水分が浸入することで鉄筋部分が腐食します。骨格部分である鉄筋の腐食は、建物全体の劣化を早めることにもなりかねませんので、早め早めの対策が必要です。

劣化のポイント
  • 塗膜がはがれている
  • 塗膜がふくれている
  • 塗膜がひび割れている
  • さびが浮き出てきている

上記のような症状がある場合には、早めの対策が必要です。

防水工事施工例
  • 防水工事前
  • 防水工事後

外壁改修工事

コンクリートは水分を含むと膨張し、乾くと収縮するという性質があります。経年により膨張と収縮を繰り返し、劣化したコンクリートはひびが入り、そこから雨水などの水分が浸入します。水分の浸入は上でも述べたように、建物全体の劣化を早める原因となります。早めに対策することをおすすめします。

劣化のポイント
  • 壁にひびが入っている
  • タイルが欠けている
  • タイルがはがれている
  • シーリング材がひび割れている

上記のような症状がある場合には、早めの対策が必要です。

外壁改修工事施工例
  • 外壁改修工事前
  • 外壁改修工事後

外壁塗装工事

塗装工事には美観の保持という役割のほか、建物をカビやコケの発生、強い日差しや雨風から守るという機能的な役割もあります。街並みになじむ塗料の色の選択はもちろん、下地段階で現在の汚れや劣化した塗膜を入念に除去し、環境や目的に合わせた塗料で塗装していくことが、建物を長持ちさせることに繋がります。

劣化のポイント
  • 塗膜がはがれている
  • 塗膜がふくれている
  • 塗膜がひび割れている
  • さびが浮き出てきている

上記のような症状がある場合には、早めの対策が必要です。

外壁塗装工事施工例
  • 外壁塗装工事前
  • 外壁塗装工事後
このページの先頭へ